WEB予約システム再開しました!!

B型肝炎ウイルスワクチン

B型肝炎ウイルス(HBV)とは

ウイルスとは細菌よりさらに小さく、基本的に自分自身を複製するために必要な設計図である遺伝情報 とたんぱく質からなる生物で、宿主に感染して初めて増殖することができます。HBVの場合、宿主は人の肝臓の細胞となります。

HBVは、直径42nm(ナノメーターは1mの10億分の1)で、中心に遺伝情報を保存しているDNAを持ち、その周りを芯とさらに外殻が取り囲む二重構造になっています。
人に感染すると肝臓の細胞に侵入し、増殖します。HBVそれ自体は肝炎を引き起こしませんが、ウイルスが人にとって異物と認識された場合には免疫機能が働き、体内から排除しようとします。しかし免疫機能は、肝細胞の中にいるウイルスだけを狙って攻撃することができないため、肝臓の細胞ごと攻撃します。
このとき肝臓の細胞が破壊され、肝炎となります。HBVは、肝炎ウイルスの中では比較的感染力の強いウイルスで、血液や体液を介して感染します。しかし、日常生活の場でHBVに感染する危険性は、きわめて低いものです。

感染経路

HBVは、 ウイルスに感染している人の血液、体液を介して感染します。感染経路は主に、HBVに感染している母親から、生まれた子供への感染(母子感染:垂直感染)と、それ以外による感染(水平感染)があります。

症状

一過性感染では、 急性肝炎 を発症する 顕性感染と、自覚症状がないまま治癒する 不顕性感染 に分かれます。
急性肝炎の場合でも、不顕性感染の場合でも、症状がおさまった後は ウイルス が体から排除されており、HBVに対する免疫を獲得し、再びHBVに感染することはありません。

急性肝炎とは、肝細胞に炎症が起き、一時的に症状が悪化するものの、数ヵ月以内に治癒する肝臓病のことです。
HBV感染後、数ヵ月の潜伏期間を経て、“倦怠感”、“食欲不振”、“吐き気”などの症状があらわれます。
その後、皮膚や眼球の白い部分が黄色くなる“ 黄疸 ”があらわれることもあります。黄疸は自然に消え、肝機能も正常に戻ります。
しかし、急性肝炎を発症した方のうちの1~2%の方は、劇症肝炎を発症する危険性があります。

劇症肝炎とは、急性肝炎が急激に悪化し肝細胞の破壊が進行する病気で、高度の 肝不全 と意識障害を特徴とします。症状としては、40℃近い発熱、起き上がれないほどのだるさ、強い吐き気などが一度にあらわれます。また、肝機能の著しい低下により、解毒されていないアンモニアが脳にまわることで 肝性昏睡(肝性脳症) という意識障害があらわれ、やがて昏睡状態に陥ります。劇症肝炎を発症した方の70~80%は死亡します。

B型肝炎ウイルスワクチン

ワクチンを接種することで高い確率でB型肝炎ウイルスの感染を予防することができます。成人のB型肝炎ワクチン接種スケジュールは、初回投与・1か月後・6か月後の3回接種が基本です。

費用

製品接種スケジュール費用
初回・1か月後・6か月後¥21,000
(1回あたり¥7,000)