7月1日(金)は和久井Drのみの診察になります。

おたふくかぜについて

おたふくかぜとは

正式な病名は、「流行性耳下腺炎」です。ムンプスウイルスの感染によって発症する感染症のひとつです。感染すると見た目がおたふくのようになることから通称「おたふくかぜ」と呼ばれています。

一般的には、小学校低学年までの年齢で発症することが多い感染症です。一度感染することで生涯の免疫ができますが(獲得免疫)、なかには成人になってから初めておたふく風邪を発症する方もいます。

感染経路

主な感染経路は2つ経路があり「飛沫感染」と「接触感染」です。

飛沫感染は、感染している人が咳やくしゃみ、会話などをすることでウイルスの含まれた唾液などが飛沫し、周囲の人が吸い込むこむことで感染します。飛散したウイルスが目の粘膜から体内に侵入して感染することもあります。

接触感染は、感染している人と同じカトラリーやコップを使用する、ウイルスが付着した手やドアノブ、手すりなどに触れた手で、口や鼻を触り、粘膜から体内に侵入することにより感染します。体の表面についただけでは感染はしないため、こまめな手洗い、アルコール消毒を心掛けるようにしましょう。

症状

まず片方の耳下腺が腫れ、その後70~80%の割合で反対側も腫れてきます。
大人が感染した場合は、40度を超える発熱、腫れや痛みも強くなることが多く、耳下腺の腫れによって口を開けることも困難になり食事をとることも出来なくなることがあります。
また、症状が出始める1日前~5日後が最も感染力が強いとされています。そのため、学校保健安全法では症状が出てから5日間は保育園や学校などに登園、登校できないことになっています。一方、大人の場合は法律上出勤停止の決まりはないため、会社ごとに規則を定めている場合があります。周囲の方に移してしまわぬように、自粛するようにしましょう。

WEB予約はコチラ